【1時間26分】ウインナーロール、ロールキャベツのミートソースがけ、サラダ、コーンポタージュ

画像

パルシステムで取ったあらびきポークウインナーでウインナーロールを作りました。お米を切らしてしまいまして。今週末には届くので、今週はなんとかお米なしで切り抜けなくてはならない。ということで、手始めにレンジ発酵パンを作ろうと。で、ちょうどなんとなく食べたくて取ったウインナーがあったんで、じゃあウインナーロール作るか、ってところです。

1.ゴール設定
主食のパンはウインナーロール。パンを作ると一次発酵の10分、二次発酵の10分、最後の焼成15分の計35分に他の作業ができる。そろそろ使い切りたかったミートソースと冷蔵庫の肥やしになりつつあるキャベツでロールキャベツをメインに、汁を本物のコーンポタージュにまた挑む。図書館で見つけたレシピ本に「コーンポタージュはひたひたの水分で潰すべし。でないと粒が逃げて潰しにくい」との記述を発見したから。あとはサラダ。

2.タイムテーブルをイメージ
パンの焼成に入るとレンジが使えない。(うちはオーブンレンジだから)そのため、レンジを使う作業は一次発酵の間にやらなくては。二次発酵の間にオーブンの余熱時間5分も必要。最初のレンジでキャベツに火を通し、次のレンジでミートソースを温めることにする。パンが焼成に入ったら、サラダとコーンポタージュを作る!

3.作業にかかる
なんと、ものすごくうまく行った。パンを作るとどうしても1時間20分程度はかかるので時短感がないが、殆ど無駄な時間がなくコーンポタージュ、サラダ、ロールキャベツのミートソース掛けと焼きたてのウインナーロールが揃った夕食は豪華だった・・・将来子どもは喜んでくれるかしら。

今日のはスープ、おかずともパンにピッタリ合っていたので本当に美味しかった。ただ、ミートソースがたっぷりだったので、ウインナーと肉肉しい対決になってしまい、反省。

それにしても頑張っても一人分の夕食なのが寂しい。誰か呼ぼうかな。

ウインナーロールは、翌日のお弁当に2個持っていった。炭水化物とタンパク質が同時に取れるから実にお弁当向き。これにゆでトウモロコシでお弁当にしたら、お腹はいっぱいに。生野菜が足りないけど、夏のお弁当に生のものはなかなか難しい。

出来のいい1個は夫の口にも入った。割と好評だったか?「これって自分で作れるんですか」という感想。でも夫がウインナーロールを買ったの見たことないので、そもそもそれほど好きではないのかも。ただ、不評ではなかったから次回以降も1個くらいは献上すると良いかも。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック