プチ食洗その後と魔法瓶でらくらくおかゆ

画像


プチ食洗、だいぶ入れ慣れてきて無理なくかなりたくさんの食器を入れられるようになりました。
本日は以下の17点を入れました。これだけ入れられるとシンクはすっきり!です。
・丼×2
・小鉢×2
・茶碗
・お椀
・中皿
・小皿×2
・タンブラー
・ビアグラス
・木のスプーン×2
・離乳食用スプーン×2
・箸×2

息子の離乳食がぼちぼち始まりました。プチ食洗は加熱すすぎで70℃、乾燥で90℃以上になっているはず(90℃以下の耐熱のプラスチック食器は洗ってはいけないことになっている)なので、息子の離乳食に使うスプーンやおわんはプチ食洗で洗ったものをそのまま使っています。
まー、お陰様でラクです。

まだまだおかゆくらいしか食べないので、魔法瓶で作るおかゆでらくらくと離乳食もやっています。大さじ2杯の無洗米と沸かしたての熱湯をたっぷり350mlの魔法瓶に入れて待つだけです。できたらハンディブレンダーで粒をつぶして製氷皿に入れ凍らせるだけ。これからおかゆの濃度が濃くなってきてもコレでやれる!と見通しができて幸せです。

スープジャーで作るおかゆはAllAboutにも紹介されて最近話題みたいです。あさイチでも特集されていましたねー。そしてももせいづみさんを久しぶりに見ました。この人のビジネス発想家事にはお世話になっております。
スープマグで作る、最速超簡単のおかゆ弁当がすごい!

子どもが6ヶ月になり、だいぶ余裕が出てきました。相手をして欲しい時間はとにかく相手をして欲しくて、寝ているとか一人で遊びたい時もあるよといった感じで、私が自由になる時間が予測できません。が、自由になる時間はあります。
いかにその間に効率的に家事をやってしまうかが、ポイント。そのために機械化できる家事は機械化です!
最近、保温調理鍋も導入しました。それについてはまた今度。

プチ食洗100名実感モニターをしています。
何か知りたいことがありましたら、できる限り試して答えていきますので、コメント欄にお願いします。
プチ食洗関連の記事は以下からどうぞ。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック