知らないと損する子供の靴の選び方

知らなくて損したと思ったので広く言いたい。
子供の靴はちゃんとしないといけない。理由は3つ。
1.いい靴がいい足を作るから
2.粗悪な靴だとあまり歩けず親も子供も苦労するから
3.丈夫で長持ちしないと結局高くつくから
で、いろいろいい靴の条件はあるんだけど、定価5000円くらい、セールでも3000円くらいの価格帯。
で、ちょっとネットを探したら、ものすごいいい靴見つけた。それはイフミーってブランド。およそ幼児にいい靴と言われる4条件を満たしていて、定価が3000円以下。
1.かかとがしっかりしている
2.靴底が歩きやすいようしっかり曲がるところがある
3.つま先がちょっと反ってて転びにくい
4.大きく開いて脱ぎ履きと調節がしやすい
たぶん、「3000円以下で子供にいい靴を作る」というコンセプトのもと、作られたのだと思う。早稲田のスポーツ科学学術院と丸紅の産学協同事業で、創業から今年で13年目。定価が3000円以下なので、セールだとさらに半額、1500円以下。これはすごい。
何ですごいかと言うと、1500円以下になるとなんちゃって靴と同等の価格帯になるから。世の中には歩き始めの幼児用になんちゃって靴というものがあり、靴下と靴の中間くらいの位置づけ。
こういうの。うちも買おうかなと思ってた。でも、、、

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヒロコーポレーション ベビーフィート 12.5cm スニーカーズ レッド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


うちもそうだし、保育園で他のお子さんを見ててもそうなのだが、歩き始めには以下の段階があり、それぞれ2週間程度かかる。
・うちの中でならはだしで歩ける
・靴下でなら外でも歩ける
・靴で外を歩ける
この、うちの中なら歩けるんだけど、とか靴下なら歩けるんだけど、とかって時用になんちゃって靴というのがあり、その価格帯が2000円ほどなんですよ、奥さん!
お分かりの通りこのなんちゃって靴の寿命はたった2週間。靴で歩けるようになったなら、上でも書いた通りいい靴のほうがいいに決まっているんです。
なぜならなんちゃって靴は靴底が弱くて、軽くて柔らかいからさっき言った2週間の間はいいんだけど、成長や土踏まず形成の観点から言うといい靴には敵わないから。
しかも、送料無料&返品無料のjavariで買えるんです。ってことは、うちで試し履きさせることもできる!バンザイ!とりあえずサイズや色柄で候補になるのは頼んで、履かせてみてピッタリのにして、あとは返品すればいいんですよ。これほどjavariがありがたいものはなかなかないよね。


あとあと、3000円以上は送料無料、でイフミーを半額で売ってくれるのは楽天のこちらのお店。
マンボシオンライン

セール!SALE!!子供靴 イフミー 22-1750 (12cm?14.5cm)
マンボシオンライン
 2012年秋冬新作です!名歩き始めのコンフォートシューズ!よちよち歩きをやさしく


楽天市場 by セール!SALE!!子供靴 イフミー 22-1750 (12cm?14.5cm) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ってことで、これを読んだ人が私のように時間とお金を使いすぎることなく、子どもにいい靴を用意してあげられるなら良い。そしてイフミーが充実していくと私も幸せ。

既に子供の靴については、子供が歩き出す1歳前に用意してしまったのだが。それも、デパートで、シューフィッターに、サイズをきちんと測って頂き、デパート定価をきっちりお支払いして用意したのだが、保育園の外遊び用にもう1足必要になってしまった。
子供の靴はすぐサイズが合わなくなり買わなくてはならないのにまた同じ出費は痛いとネットを探し回ったら、いろいろわかったのでまとめることにしたよ。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック