やっとわかった、片付けとはなにか。

息子が、レゴのツール(くっついたレゴをてこの原理で外せるやつ)を3度くらい失くした後、
私と話し合って、置き場所を「赤いレゴの仕分けボックスの車パーツのところ」に入れるって決めたのね。
以来、そこから取り出して使って、
今日も定位置に戻っていた。
あの子はできる子だよ。

なるほど、使う本人が使いやすいよう、もとに戻しやすいようにするのが片付けなんだ!ってやっとわかった。
やっとわかった。

私は片付けって長年人からやれって言われてイヤイヤやるものだった。
または勝手に片付けがされていて、一見きれいになってるんだけど、何がどこにあるのか全然わからず困るものだった。
全然わかってなかった。

使う人が使いやすいように整頓しておいておくことを片付けって言うんだね。

断捨離とか、収納に対して8割のものを、
そして全てのものに定位置が決まっていて、
必要なときにはそこにあるし、使い終わったら元に戻すから
あれはどこ?とかって探すことがないんだ。
うえーん、ずっと誤解してた。
片付けって難しい!って思ってた!

でも、
1.使う私が
2.必要なものを
3.必要なときに出せるように
4.定位置に置いておく
ってことならなんかわかるし、できそうな気がする。

とか思っていたところで、整理収納セミナーに行く機会があった。超、腑に落ちた。
片付けを4段階に分解してくれた。
1.整理 いるもの好きなものを選別
2.収納
3.整頓 元あったところに戻すこと
4.掃除
この内日常的にやるのは3と4で、1と2をやっているから3と4が成立するという構造になっている。

片付けってやっぱり断捨離でしょ?とか言われたりしてたんだけど、断捨離は1でしかなくて、
それでもものが減れば管理はしやすくなるんだけど、
片付けのごく一部でしかない。

私は片付けできない~できない~って思ってたけど、1-4がごっちゃで、
好きなものや必要なものと一緒にがらくたも出てるし、
しかもそれが超いっぱいで収めるべきところに入りきってないし、
どこに置くのかも決まってなくてどこにしまったらいいのかもわからないし、
当然そんな状態だから掃除できなくて、
たまに他者の手により強制リセットがかかって掃除だけされるんだけど、
また元の木阿弥、ってことをずっと繰り返してきた。
それが私の片付け。

で、断捨離って捨てることばっかだけど、お気に入りとかいつも使ってるとかいうものを選んで(整理)
空間の8割まででスカスカにゆったり入れてあげて(収納)
ってことをやって、快適な日常生活を過ごすことの方がよほど大事、って言われた。

とにかく引き出しひとつからやってみて、って言われて、
とにかく引き出しひとつやってみた。
毎日使うカトラリーと箸、キッチンばさみが入ってる引き出しから。
そしたら、出てくる出てくる、まあ大したことないよねっていいながらそこになんとなく入っていた
・箸置き
・つまようじ
・トング(親が持ってきたキッチングッズで、全然使ってない)
これらを二軍に落としまして、いったんしまって、
スッカスカになった引き出しを作りました。
結構深さがあるから、キッチンばさみ立てて入ってたんだけど、敢えて横に置いたよね。
まあトングとかと一緒に入ってて、あるはずなのに見つからないこととかあったの。たまに、たまにだけど。
あちこちで使っているからそこに出しっぱなしになっていることが多いんだけど。

専用スペースにハサミだけ、贅沢に置いたよ。
ハサミものすごく使うんだよね。
調理中に葉野菜を切ったり、袋の口を切ったりするのはもちろん、
食卓についてからもちょっとネギ切ったり、ピザを切り分けたり、2歳の娘のためにお肉を一口サイズに切ったり。
それに比べてトングは全く使わないんだよね。菜箸を使ってるから。
そんなに塊肉とか焼かないし。そんなトングになんとなくスペースを与えるのは止めて、
最高のハサミにスペースを与えた。

それから5日たつのですが、そうしたらね、意識しなくても自然ともとの場所に戻っていて、びっくり。
探さなくていい。
探してたときも意識するほどじゃなかったんだけど、日常でそういったノイズが除かれた感じ。
これはすごいよ!