【ネタバレあり】タリーと私の秘密の時間を見た

まだどこの動画配信でも有料。私はdTVで課金。

ナイトシッターという夜の間に来てくれるシッターさん。
お陰で眠れる、、、これは素晴らしい!1週間くらい頼みたい、けど一晩4万円かかるから5日頼んで20万円。。。

今では夜のオムツ替えはパンパースを信じて辞めて
授乳は沿い乳で、と思うけど(二人目はそうした)
一人目のときは泣くたび起きて、オムツを替え(赤ちゃんの目も覚めてしまう)
窒息が心配で起き上がって授乳、
そのあと横になって、また起こされ、とやっていた。。。
最初の1ヶ月は夫も起きてくれて
『こんなに大変なのか!』って言ってくれたのに
やっぱり疲労からなのか2ヶ月目からは起きてくれなくなり。。。(;_;)
一人だけでオムツを替えたりおっぱいあげたりして
スースー寝る夫が憎かったり。
あまつさえ『昨日は寝られたんじゃない?!』とか言い出す夫よ。。
『いいえ、全然』と返したものでした。

で、マーロというのがこの映画に出てくる母親なんだけど、
アメリカの話なのに、共働きなのに、マーロもずっと一人で家事育児してる
夜中のオムツ替えもしてる

育児の大変な描写がバッチリで、
もーー、だよねーーー、これだよねーーー
これが大変なんだよねーーー!と
共感。

ところで。見返して気になったことが。

ヴァイという女性と昔一緒に暮らしてた
後半、バーで、愛してた、本当に愛してて、できれば、と、
言っているんだよね、マーロ。
できれば、の後はずっと一緒にいたかった、とかが来るのかな。

冒頭でサラッと再会したヴァイは自分の子宮は冷えてると
子供がいないことを言ってたけど、

ここまで来ると、マーロはバイセクシュアルだったんだなと思うわけ。
それが男性パートナーを選び
それも自分がメリーゴーランドに乗っている間
ベンチにいるような男性(落ち着いているとか、刺激的じゃないとかいう意味だよね)
そして3人もの子育て。
これは、それぞれの場面で決断したんだろうけど、
ヴァイと再会したことで
本当にこれでよかったのか?と思ったのではと。

3人目は予定外だったのかなあ?
夫婦生活あったから3人目できたんだと思うけど。
マーロ兄との食事のシーンで40代だから驚きだ、とか
医者に性別を聞かなかった、とか出てくる。
幸せそうね、と言われて、自分をゴミ船にたとえたりと、ハッピーな感じではない。
兄は裕福で、シッターを雇う余裕があり、兄の妻も悪気なく
シッターのよさを言ってくる。でもおそらくマーロには
お金の問題もあるし(まったく無理ではないと思うけど)
何より、自分の子を人に任せるなんて!

2時間もない短い映画の中で、子育ての大変さ、違和感をより強く感じさせるのに
この背景情報があると思われる。
それで、ヴァイと暮らしていた頃の自分をナイトシッターとして召喚する。
そしてその若い頃の自分と対話を重ね、『これでよかったのか?』と自問自答していく。
ナイトシッターは実際には存在しなくて、
マーロが夜中に奮闘しまくるというホラーだけど。。。

そしてそれに気がつかない夫もホラーだよね。
それだけ鈍感な人なんだよ、という描写だね。

結局、これでよかったのか?良くなかった!という結論になったとして、
今すぐ辞められるわけでなし、(後半、ヴァイが住むロフト?に行って
呼び鈴を鳴らそうとするマーロをタリーがめっちゃ止めてるけど)
過去には戻れないし、間違った!って自死を選んでしまったら
子供に対する責任が果たせないし、何よりそれぞれのポイントでは
夫も子供も自分で選んで持ったんだと思うしね。

だから、映画はこれでよかったんだよ、っていうか
最初から1つしか選べないんだよ、だからなんとか
やっていくんだよ、ってな感じに同じ音楽を二人でイヤホンで分け合って
お皿洗ったりするんだけど。
(食洗機使おうよ)

結局ナイトシッターは想像上の存在で残念だったのでした。
次、しんどいなと思う前には呼んでみたい、ナイトシッター。

ちょっと探したら、TSUTAYA TVならお試し期間に無料で見られたかも。
30日間無料で、動画ポイントが1100ポイントつくので、タリーと私の秘密の時間は550ポイントで見られるはず。
↓広告リンク
TSUTAYA TV30日間無料お試し さらに最新映画などに使える1100ポイントも入会時にもらえる

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント